第3話

凡者の贈り物

家から離れた本屋さんを訪れた白石くん。読み捨てられていた本を見つけて、元に戻そうと手に取ると、それはエッチな本だった。動揺で固まっていると、なぜかモブであるはずの白石くんに、店員の女性が声を掛けてきて……。そしてある冬の日。久保さんとメッセージをしていた白石くんは、遊びに誘われる。日取りを決めた後、改めてカレンダーを確認すると、その日は12月25日で……?

STAFF

脚本
高橋悠也
絵コンテ/演出
深谷由里花
総作画監督
齊藤佳子、相音 光
作画監督
Kim dae jung、Park mi hyun、Yoo hyun jin、Oh yang hyun